ザクロ成分の育毛効果 ザクロエキスやサプリメント

ザクロの成分が育毛に効果あり!ザクロエキスやサプリの豆知識!


ザクロエキスやサプリメントの効果!育毛効果も期待できる!

スポンサードリンク

ザクロは日本でも栽培されていますが、原産はペルシャで、古来より「生命の果実」として不妊治療などに用いられ、たいへん高価なものであったようです。

 

中国では、ザクロの抗菌作用を用いて駆虫(虫除け)や、腫れ物の治療にも役立てられてきました。

 

珍しい使われ方としては、日本の江戸時代に銅鏡を磨くのに使われていたそうです。

 

もっとも有名なところでは、絶世の美女とうたわれたクレオパトラが、美容と健康のために好んで食べていたという話があります。

 

カクテルにつかわれる「グレナデンシロップ」は、ザクロのフランス語である「グレナチュール」からとられており、ザクロ果汁を使ったシロップです。

 

ザクロには女性ホルモンである、エストロゲンと同じ成分が含まれています。

 

卵胞ホルモンともいわれるエストロゲンは、女性らしい体型を作ったり、月経や妊娠にも関わる重要なホルモンで、25歳をピークにだんだんと分泌が少なくなってゆきます。

 

更年期障害もエストロゲンの分泌不足が原因で起こるわけです。

 

ザクロの有効成分はそのまま、女性ホルモンに代わるものとして考えていいでしょう。

 

女性の子宮や卵巣を強壮し、月経不順や不妊症を解消し、また更年期の自律神経失調症を緩和してくれるのです。

 

その他にも、ザクロには血液循環を改善して新陳代謝を高めたり、余分な脂肪を燃焼したり、男性の精子濃度を濃くしたり、

 

また脂肪細胞から分泌される悪玉分子を抑制して肥満を防止したり、と素晴らしい効果がたくさん認められています。

 

もうひとつ興味深いのは、ザクロが育毛にも良いという事実です。

 

いわゆる「はげ」といわれる男性の頭髪脱毛症は、男性ホルモンによって引き起こされます。

 

いっぽう、豊かな頭髪を作るのは女性ホルモンの役目です。

 

 

これでもうお分かりかと思いますが、ザクロを摂取することによって、女性ホルモン作用が働き、育毛に役立つということなのです。

 

ザクロはスーパーでも売られており、日本、カリフォルニア、イランの三つの産地のものが入手できます。

 

エストロゲン作用をする成分は果実よりも種子に多く、生食ではかなりの苦味を生じるのですが、古来から薬用として用いられてきたのは、ペルシャ(イラン)の一地方だけでしか採れない「黒ザクロ」であり、これは他の産地のものとは色も大きさも違います。

 

熟すと皮は黒くなり、他のものより大ぶりで種子が緻密かつ豊富なのです。

 

 

市販で「ザクロジュース」として売られているものからは、残念ながらエストロゲン成分は検出されていないようです。

 

ザクロエキスやザクロのサプリを健康に役立てたいと思われるならば、果実の産地、そして種子が原料につかわれているかどうかを確かめてから購入するのがよいでしょう。

 

 

注意事項としては、女性ホルモン作用があるため乳がん、子宮がんの方は使用できません。

 

過剰摂取では、タンニン成分による頭痛や吐き気、めまい、ふるえ、発熱、局所けいれん、視野狭窄、循環・呼吸障害などの中毒症状を起こしたケースもあるようです。

スポンサードリンク

 

ザクロの成分が育毛に効果あり!ザクロエキスやサプリの豆知識!関連ページ

ビタミンC
美白、美肌に良い成分と聞くと、まっ先に思い浮かべるのが『ビタミンC』ですよね!ビタミンCの多い果物や食品の紹介と、ビタミンCという美容成分の特徴。また、ビタミンCサプリの美白効果やニキビやシミへの効果について解説しています。
αリポ酸
αリポ酸はほうれい線にも効果があるとして有名な美容成分の一つです。ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、グルタチオンなどを再活性させ、強力な抗酸化パワーのあるαリポ酸ですが、食品からは摂取が難しく、本気で美肌を目指すのであれば、サプリメントからの摂取が一番と言えます。
アルブチン
強力な美白効果を持つアルブチンは、かぶれやアレルギー症状を起こす場合があるので注意が必要です。アルブチンは植物から抽出される天然の美白成分です。アルブチンは厚生労働省にも認可された成分でもあり、非常に高い美白効果を発揮します。副作用の起こらぬように、正しいアルブチンの選び方を知りましょう!
アスタキサンチン
アスタキサンチンは花粉症にも効果があるとされ有名です。抗酸化力もコエンザイムQ10の100倍の力があり、育毛にもよいとされ注目を集めています!アスタキサンチンの特徴と効果、アスタキサンチンを含む食べ物も紹介しています。
エラグ酸
抗酸化作用を持つエラグ酸についての情報を掲載しています。エラグ酸の特徴や美白効果。また、シミ・ソバカスに効果があるとされるエラグ酸の効き目や効能についても掲載していますので、是非ご覧ください。
フェルラ酸
フェルラ酸の効能としては抗酸化作用があげられます。フェルラ酸には、更に更に驚くべき効能があるのです。フェルラ酸は認知症やアルツハイマーにも有効であることが認められ、日焼けと肌サビを防ぐ美容効果に加え、老化脳の若返り効果もあることから、高齢化社会のサポート役になっています。
グルタチオン
美白効果があるとして有名なグルタチオンですが、抗酸化作用があり、白内障の治療にも使われ、コラーゲンの代わりの成分ともなっています。また、グルタチオン服用において稀にですが副作用が出る場合があります。これらの情報について詳しく掲載しています。
ビタミンE
妊娠中のビタミンEの摂取についての情報とともに、美白・美肌・アンチエイジングに効果的なビタミンEについての情報を掲載しています。ビタミンEは強力な抗酸化力を持ちます。ビタミンEを多く含む食品はこちらです。
テアフラビン
抗菌作用、抗酸化作用、糖分吸収抑制作用があるテアフラビン!糖尿病や肥満、老化防止や動脈硬化にも効果があるとされている成分です。テアフラビンは緑茶のカテキンが発酵した際に合成されるポリフェノールの一種です。
プロアントシアニジン
美白効果がある成分として有名なプロアントシアニジンは、なんと育毛にも素晴らしい効果を発揮します!ほとんど毛が生えていない人でも1平方cmあたり平均10.4本の増加に成功しています。このプロアントシアニジンはサプリメントでの摂取が最適です!!
レチノイン酸
美肌・美白効果があるとされるレチノイン酸ですが、摂取する場合には飲み合わせや副作用に注意しなければなりません。レチノイン症候群を含めて、こちらで解説しています。
イソフラボン
悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすとされるイソフラボンですが、イソフラボンをサプリメントなどで過剰摂取して取り過ぎると、発がん性リスクが高まる場合があるとされております。しかしながら、更年期障害やバストアップに効果が高いとされていますので、上手にお付き合いしていくようにしましょう!
システイン
髪や爪、皮膚の構成成分であるアミノ酸であるシステイン!育毛促進や美白効果がありますが、副作用として白髪の増加がありますので、注意が必要です。これらの情報を詳しく解説しています。
ハイドロキノン
ニキビ跡に効果的であるとされ、アルブチンの10倍から100倍の美白効果があるとされるハイドロキノンですが、動物実験において催奇性があるとの結果も出ていますので、妊娠中の服用は控えるようにしましょう!