コエンザイムQ10の効能 副作用と食べ物

コエンザイムQ10の効能とは!?食べ物と副作用についての情報


コエンザイムQ10の効能を解説!気になる副作用とは!?

スポンサードリンク

コエンザイムQ10は、もともとは1974年以来主に心臓病の薬として用いられてきたもので、以前は他のビタミンにはたらく補酵素であることから「ビタミンQ」とも呼ばれていました。
効能として有名なものはアンチエイジング効果ですが、他にも風邪や二日酔いにきく、などの効果もあります。

 

体がエネルギーを作り出す際に必要となるビタミン活性のための酵素を助け燃焼を高める機能、そして体が活性酸素により酸化するのを防ぐ抗酸化作用。

 

この二つがコエンザイムQ10の働きです。

 

その抗酸化作用のシステムは独特で、活性酸素と闘って疲弊したビタミンEを再活性するというかたちで体が老化するのを防いでくれるのです。

 

抗酸化の働きとしては、卵巣の老化を防ぎ不妊改善のためにもよいとされています。

 

今のところ副作用のデータは出ていませんが、心臓や血管の機能を増強し、他の薬剤の作用を高める働きのため、高血圧の場合は降圧剤の亢進作用による血圧の変動に注意が必要とも言われています。

 

また、子供には使用しない方が良いようです。

 

また、高脂血治療薬の中には体内のコエンザイムQ10を減少させる種類のものもあるため、高脂血症治療の場合は、コエンザイムQ10を補給しながら治療薬を摂取するとよいかもしれません。

 

飲むタイミングとしては、脂溶性であるため油脂分を含んだ食事を摂った後に飲むと、吸収がよいでしょう。また、どのサプリメントでもそうですが、医薬品のような即効性はありません。

 

ある程度の期間摂取して十分に体の組織に行き渡ってからでなければ効果は期待できないものですし、しかも吸収率には個人差がありますので、

 

少し飲んだからといって若返り効果があったり、風邪や二日酔いが治ると保証されたものではありません。

 

そしてまた、コエンザイムQ10は他のビタミン同様、体の栄養素の燃焼を助ける物質ですから、充分な栄養を食物から摂取してこそ、機能が最大限に発揮されるということも忘れてはなりません。

スポンサードリンク

 

コエンザイムQ10の効能とは!?食べ物と副作用についての情報関連ページ

カイネチン
注目されている美容成分の1つとして『カイネチン』があります。このカイネチンは、天然の植物から抽出される成長ホルモンの一種です。効果としてアンチエイジング効果があります。
ローズヒップ
妊娠中や妊娠初期にも安心してビタミン補給できるのがローズヒップです。ローズヒップの抗酸化力は大きく、コラーゲンの生成にも繋がります。美肌やアンチエイジングを気にされている方は是非どうぞ
リンゴエキス
リンゴエキスについての情報を掲載しています。化粧品や美容液に使用されており、皮下注射などとしてもハリウッドスターやオバマ夫人やジェニファー・ロペスも愛用中の注目の成分です。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸についての情報を掲載しています。天然や人口ヒアルロン酸の違いや吸収性、注射時の副作用や経口摂取時の効果効能についての情報を紹介しています。
コラーゲン
美容成分として有名なコラーゲンについての情報を掲載しています。コラーゲンの経口摂取については、多くの方が真実を知りたいのではないでしょうか?また副作用や妊娠中の摂取についての疑問もあるかと思います。
セラミド
肌のうるおいに欠かせない存在であるセラミドについての情報を掲載しています。化粧水や美容液で有名なセラミドですが、食べ物・食品からの摂取も!有名なのはこんにゃくですね。
レチノール
ビタミンAの化学名でもあるレチノールについての情報を掲載しています。レチノールの効果と副作用などの特徴や、食品からの摂取、ニキビや毛穴への影響についても解説しています。
酢酸レチノール
酢酸レチノールのお肌への効果や特徴について掲載しています。多く含まれる食品の紹介。乾き目や夜盲症、妊娠中や子供のビタミン補給、ニキビや乾燥肌の予防にも使用されています。
パルミチン酸レチノール
シワやたるみ、そして美白やニキビに効果のあるレチノールとパルミチン酸レチノールについての情報を掲載しています。美肌化粧品と紫外線の関係についても詳しく掲載しています。
ヒドロキシリジン
ヒドロキシリジンの特徴についての情報を掲載しています。また、ヒドロキシリジンの美容効果についても詳しく解説しています。肌のツヤ、ハリ、シワやたるみをしっかり対策しよう!