セラミド食べ物や食品では何に!?植物性セラミドの特徴とは!?

セラミド食べ物や食品では何に!?植物性セラミドの特徴とは!?


美容パワー抜群のセラミドを含む食べ物や食品とは!?

スポンサードリンク

セラミドは、肌の角質層にあり細胞と細胞との間で水分や油分をスポンジのようにたっぷりと含んでいる物質です。

 

肌の角質層は角質細胞が幾重にもかさなってできていますが、その一個一個の細胞どうしをつなげている細胞間脂質なのです。

 

脂質でありながら水分と混ざりやすい性質(親水性)をもち、細胞間脂質の50%を占めている物質ですから、肌のうるおいを保つためにはたいへん重要なものといえます。

 

 

角質は肌の一番上部にある組織で、外部の乾燥や刺激から皮膚を保護し、水分が失われないように機能しているのですが、加齢や乾燥した気候、環境やストレスなどによりセラミドはどんどん減少し、うるおいと油分を失うため乾燥してカサカサの状態になっていきます。

 

肌だけでなく髪のパサつきにもセラミドは関係しているのです。

 

セラミドは体内で必要に応じて生産されるものですが、20代をピークにだんだんと減少していきますから、日々補うことは肌の美容にとって大切なことです。

 

 

セラミドが多く含まれる食品としては、きび、とうもろこし、米、麦、こんにゃくなどがあります。

 

もともとセラミドは牛の脳から抽出されていましたが、狂牛病の広まりから米や麦が使用されるようになりました。

 

しかし植物性のセラミドは抽出量が少なく高価なため、リーズナブルで含有量も豊富なこんにゃくが用いられるようになったのです。

 

こんにゃくは半丁分の100gで一日の摂取量に足りるとされ、しかも伝統製法で作られる黒皮の「生芋こんにゃく」がもっとも効果的なようです。

スポンサードリンク

 

セラミド食べ物や食品では何に!?植物性セラミドの特徴とは!?関連ページ

カイネチン
注目されている美容成分の1つとして『カイネチン』があります。このカイネチンは、天然の植物から抽出される成長ホルモンの一種です。効果としてアンチエイジング効果があります。
ローズヒップ
妊娠中や妊娠初期にも安心してビタミン補給できるのがローズヒップです。ローズヒップの抗酸化力は大きく、コラーゲンの生成にも繋がります。美肌やアンチエイジングを気にされている方は是非どうぞ
リンゴエキス
リンゴエキスについての情報を掲載しています。化粧品や美容液に使用されており、皮下注射などとしてもハリウッドスターやオバマ夫人やジェニファー・ロペスも愛用中の注目の成分です。
コエンザイムQ10
アンチエイジング効果が高いとして知られる『コエンザイムQ10』の効能について掲載しています。また気になる副作用と食べ物についての情報も掲載しております。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸についての情報を掲載しています。天然や人口ヒアルロン酸の違いや吸収性、注射時の副作用や経口摂取時の効果効能についての情報を紹介しています。
コラーゲン
美容成分として有名なコラーゲンについての情報を掲載しています。コラーゲンの経口摂取については、多くの方が真実を知りたいのではないでしょうか?また副作用や妊娠中の摂取についての疑問もあるかと思います。
レチノール
ビタミンAの化学名でもあるレチノールについての情報を掲載しています。レチノールの効果と副作用などの特徴や、食品からの摂取、ニキビや毛穴への影響についても解説しています。
酢酸レチノール
酢酸レチノールのお肌への効果や特徴について掲載しています。多く含まれる食品の紹介。乾き目や夜盲症、妊娠中や子供のビタミン補給、ニキビや乾燥肌の予防にも使用されています。
パルミチン酸レチノール
シワやたるみ、そして美白やニキビに効果のあるレチノールとパルミチン酸レチノールについての情報を掲載しています。美肌化粧品と紫外線の関係についても詳しく掲載しています。
ヒドロキシリジン
ヒドロキシリジンの特徴についての情報を掲載しています。また、ヒドロキシリジンの美容効果についても詳しく解説しています。肌のツヤ、ハリ、シワやたるみをしっかり対策しよう!