パルミチン酸レチノール副作用と効果!美肌化粧品と紫外線の関係

パルミチン酸レチノール副作用と効果!美肌化粧品と紫外線の関係


パルミチン酸レチノールの特徴紹介♪紫外線の影響や副作用とは?

スポンサードリンク

レチノールはビタミンA同様、シワ・たるみや美白、にきびに効果のある成分です。

 

食品ではレバーなど動物性のものに多く含まれており、欠乏すると目の乾きや肌の乾燥などのほか、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったりします。

 

レチノールは肌に浸透してレチノイン酸になり、これは非常に即効性のある美肌成分になります。

 

 

レチノイン酸は真皮のコラーゲンを増やし、代謝を活性するとともに表皮を厚く強くします。

 

このため肌表面のシワの凹凸が下から押し上げられてなめらかな表面を作るのです。

 

レチノールはこのように素晴らしいシワ対策成分でしかも即効性があるのですが、副作用が強く光毒性(太陽の紫外線を浴びると肌に炎症やかゆみなどの刺激を与える性質)もあるため、レチノール配合の基礎化粧品を使用するときは日焼け止めを塗ることが必須といえます。(SPF30以上)

 

 

パルミチン酸というとちょっと聞きなれない言葉かもしれませんが、これはラードや木蝋にふくまれる飽和脂肪酸で、レチノールを安定化させるために結合させて美白化粧品などに配合されています。

 

同じ安定化したレチノールでは酢酸レチノールがあります。

 

 

レチノイン酸は光や空気にふれると変質しやすいため、以前は化粧品に配合しにくい成分でしたが、安定化物質であるパルミチン酸や酢酸を加えることで副作用も少なく、安全度の高い美容成分として多くの基礎化粧品に使用されるようになったのです。

 

パルミチン酸レチノール配合ならレチノイン酸より効果は穏やかですが、日中も安心して使えるというわけなのですね。

 

スポンサードリンク

 

パルミチン酸レチノール副作用と効果!美肌化粧品と紫外線の関係関連ページ

カイネチン
注目されている美容成分の1つとして『カイネチン』があります。このカイネチンは、天然の植物から抽出される成長ホルモンの一種です。効果としてアンチエイジング効果があります。
ローズヒップ
妊娠中や妊娠初期にも安心してビタミン補給できるのがローズヒップです。ローズヒップの抗酸化力は大きく、コラーゲンの生成にも繋がります。美肌やアンチエイジングを気にされている方は是非どうぞ
リンゴエキス
リンゴエキスについての情報を掲載しています。化粧品や美容液に使用されており、皮下注射などとしてもハリウッドスターやオバマ夫人やジェニファー・ロペスも愛用中の注目の成分です。
コエンザイムQ10
アンチエイジング効果が高いとして知られる『コエンザイムQ10』の効能について掲載しています。また気になる副作用と食べ物についての情報も掲載しております。
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸についての情報を掲載しています。天然や人口ヒアルロン酸の違いや吸収性、注射時の副作用や経口摂取時の効果効能についての情報を紹介しています。
コラーゲン
美容成分として有名なコラーゲンについての情報を掲載しています。コラーゲンの経口摂取については、多くの方が真実を知りたいのではないでしょうか?また副作用や妊娠中の摂取についての疑問もあるかと思います。
セラミド
肌のうるおいに欠かせない存在であるセラミドについての情報を掲載しています。化粧水や美容液で有名なセラミドですが、食べ物・食品からの摂取も!有名なのはこんにゃくですね。
レチノール
ビタミンAの化学名でもあるレチノールについての情報を掲載しています。レチノールの効果と副作用などの特徴や、食品からの摂取、ニキビや毛穴への影響についても解説しています。
酢酸レチノール
酢酸レチノールのお肌への効果や特徴について掲載しています。多く含まれる食品の紹介。乾き目や夜盲症、妊娠中や子供のビタミン補給、ニキビや乾燥肌の予防にも使用されています。
ヒドロキシリジン
ヒドロキシリジンの特徴についての情報を掲載しています。また、ヒドロキシリジンの美容効果についても詳しく解説しています。肌のツヤ、ハリ、シワやたるみをしっかり対策しよう!